血小板が基準値より多い3つの原因!病気の可能性もある?

きれいな海

血液検査で血小板の数値が基準値より多かった場合は、私たちの体でどんな異常が起こっているのでしょうか?

血液の異常が見つかったら、何か重大な病気の前兆なのではないか?と不安になりますよね。

そこで、今回は血小板が基準値より多い原因はいったいなんなのか?病気の可能性はあるのか?ということについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

血小板とは?

woman2

そもそも血小板とは、私たちの体の中でどのような働きをしているのでしょうか?

もし血小板が減少してしまったら、軽いすり傷でも、大量に出血をしてしまいます。もしくは、頻繁に大量の鼻血を出してしまうかもしれません。

 

つまり、血小板は、血管に傷ができてしまったときに、その部分を塞いで、出血するのを防いでくれるのです。

もう少し正確にいうと、血小板は血液を固まりやすくさせる作用を持っています。

スポンサーリンク

血小板の基準値

血小板の基準値は一般的に、13万~35万/μlです。

この単位が意味するのは、1μlあたりの血液に13万~35万個の血小板がいるということです。

1μlとは1mlの1/1000なので、とても少ない血液中に、かなりの数の血小板がいるということが分かりますね!

 

血液検査で上記の間の値が出れば、正常として扱われます。

それでは基準値の上限である35万/μlを超えてしまうのはどのような原因が考えられるのでしょうか?

 

血小板が基準値より多い3つの原因

children

血液を固める作用をもつ血小板が多くあることによる悪影響はあるのでしょうか?

3つの原因を紹介してみたいと思います。

 

体質によるもの

基準値を超えていても、特に異常はないということもあります。

つまり、その人の体質的にもともと血小板が多く含まれている場合があるのです。

ただし、数値が高すぎると、以下で紹介するような血液の病気の原因となってしまうので注意が必要です。

1 / 2
サブコンテンツ