お腹がぐるぐる鳴る4つの原因!病気の可能性もチェック!

足に手を当てている人

授業中や会議中など、静かな場面でお腹がぐるぐると鳴った経験は誰もがあると思います。お腹が空いて食いしん坊みたいで恥ずかしいですよね。

また、胃腸風邪をひいているわけでもないのによくお腹がぐるぐる鳴ったり、ゴロゴロ鳴るという方はいませんか?

 

体質だと諦めている方もいるかもしれませんが、何かの病気ではないかと心配な方もいると思います。

今回はお腹がぐるぐる鳴る原因についてお伝えします。原因がわかれば安心できることもあります。ぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

 

胃のぜん動運動

足に手を当てている人

胃や腸などの消化器官では、食べたものを次の器官へ送り出すために筋肉の伸縮運動を行います。

これをぜん動運動といいます。胃に入ってきたものはぜん動運動により小腸へと送られています。

 

食べたものが小腸へ送られ、お腹が空くと、胃は次の消化に備えてぜん動運動を開始します。

この時、胃は空っぽの状態なので唾液などと一緒に入ってきた空気が動かされてぐるぐると音が出ます。

これが空腹時の音の原因です。

 

空腹時に鳴るのは病気ではありませんが、肝心な時に鳴ると緊張感がないと思われたり、恥ずかしい思いをしたりします。

どうしてもお腹の音を鳴らしたくない時はゆっくり消化される食事をとっておくと良いですよ。朝は時間がないからと、軽くパンなどを一気に食べて終了という方はいませんか?

 

パンは消化が早く、それ自体に空気を多く含んでいますので、空気と一緒に飲み込んでしまいお腹の音が鳴りやすくなります。ごはんをよく噛んで落ち着いて食事をとると良いですね。

また、一時的にお腹の中を膨らませることで音が出ないようにするという方法もあります。

これはお腹に意識を集中してしまうので他のことに集中できなくなる場合があります。これは、あくまでも緊急手段です。

スポンサーリンク

呑気症(どんきしょう)

空腹時に胃のぜん動運動で音が鳴るのは仕方がないことですね。空気を全く飲み込まないというのは難しいものです。

しかし、必要以上に空気を飲み込んでしまう呑気症という症状があります。

1 / 2
サブコンテンツ