抗生物質とアルコールの飲み合わせで引き起こされる副作用。飲酒の際の注意点。

薬

飲み会でお酒を飲む機会があるけれど、抗生物質を服用していても大丈夫なのだろうかと不安になってしまいますよね。

抗生物質とアルコールの飲み合わせは適切ではなく、場合によっては危険な副作用を引き起こしてしまうおそれもあるので注意しなければなりません。

そこで、ここでは抗生物質とお酒(アルコール)の飲み合わせについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

抗生物質とは

寝る

抗生物質とは簡単にいうと、細菌による感染症に有効な薬です。外部から病原性のある細菌が侵入してきて炎症を起こしてしまう病気に対して効果があるのです。

例えば、細菌が喉、肺、胃腸、腎臓、膀胱などに感染して炎症を起こしたり、化膿したりするとさまざまな症状を引き起こします。

抗生物質は、この病原性のある細菌を特異的に退治することができるのです。

 

ただし、注意しなければならないのは抗生物質に効果があるのは「細菌」による感染症だけです。

ウイルスや真菌は細菌とは違うので、これらが原因の感染症に効果はありません。例えば、インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因になるので抗生物質を服用しても効果は得られないのです。

スポンサーリンク

抗生物質とアルコールの飲み合わせ

抗生物質の種類にもよりますが、基本的に抗生物質とアルコールを飲み合わせるのは避けるべきです。

なぜかというと、肝臓において抗生物質(薬)とアルコール(酒)の代謝が競合してしまうからです。

 

肝臓の代謝機能には限りがあるので、アルコールを分解しているときに抗生物質を服用しても抗生物質を代謝することができなくなってしまうのです。

それでは、このようにアルコールと抗生物質が肝臓において競合してしまうとどのようなことが起きるのか見ていきましょう。

 

副作用が起きやすくなる

帽子に手を当てる女の人

薬は、私たちの体内で適切に処理されて十分な効果効能を及ぼすように用量が定められています。

しかし、飲酒していると薬を適切に処理することができなくなってしまうのです。さらに具体的にいうと、肝臓はアルコールの分解で精一杯なので、薬を代謝することができない状態になっているのです。

 

これにより、服用した抗生物質は通常より濃い濃度で体中を巡ってしまいます。

つまり、これは抗生物質を定められた用量より多く服用してしまっているのと同じことですね。

薬と毒は表裏一体と言われているように、薬を多く服用してしまうとその分、副作用の危険性が高くなります。

 

二日酔いを起こしやすくなる

これは、特にセフェム系という抗生物質の種類に当てはまります。

セフェム系抗生物質とアルコールを飲み合わせてしまうと、アルコールの代謝が途中で止まってしまい体内にアセトアルデヒドという物質を増やしてしまうことになります。

これにより、ひどい二日酔いを引き起こしてしまうのです。

スポンサーリンク

抗生物質による副作用

抗生物質には、ペニシリン系、セフェム系、マクロライド系などさまざまな種類がありますが、ここでは各種類に共通する副作用についてお伝えしていきます。

 

下痢

下痢は抗生物質の副作用で最もよくある症状のひとつです。抗生物質を利用する約20%の人が副作用による下痢を経験したという報告もあるほどです。

これは、腸内細菌叢という腸内の細菌環境が変化してしまうことが原因だと考えられます。

参考:抗生物質の副作用で下痢をしてしまう理由を分かりやすく!

 

胃痛

お腹

下痢と同様に、胃痛もよくある副作用です。特にアンピシリンやセフィキシムといった抗生物質で胃腸障害はよく引き起こされると言われています。

参考:注意して!抗生剤の点滴の副作用を知っていますか?

1 / 2
サブコンテンツ