足の裏の皮が固いのはどうして?!おすすめ治療法を紹介!

2人の足元

普段、足の裏は人に見せません。そのため、ボロボロになっていてもケアをせずに過ごす方も多いといいます。

しかし足の裏は毎日、自身の体重を支え強い刺激を受け続けているのです。

固くなってしまった足の裏の皮の正体はなんでしょう。今回はその原因と治療法をご紹介します。これを機に足の裏のケアを始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

足の裏の皮が固くなる原因

ashi

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層から構成されています。

このうち、一番外側の表皮は真皮・皮下組織を保護する働きを担っています。表皮の一番外側の皮脂膜の内側にある角質層は一定周期で新しく生まれ変わります。

 

この時、古い角質層は垢(あか)として剥がれ落ちます。この角質層が入れ替わるサイクルをターンオーバーといいます。

角質層が乾燥しているとターンオーバーに支障が出て、古くなった角質層が剥がれ落ちずに残ってしまいます。

 

この残った古い角質層が重なって固い皮として残っているのです。つまり足の裏の固い皮は垢として剥がれ落ちるべき不要なものなのです。

 

放置していると、不要な角質層が重なり、固く厚みのある皮膚になってしまいます。

足の裏は全体重がかかる部分ですので、歩くだけでも痛みが出始めます。早めにケアをし、足の負担を減らしてあげましょう。

スポンサーリンク

足の裏のケア方法

固くなった角質層を取り除く

古くなった角質層が自然に剥がれ落ちないのであれば、それを剥がしてやれば良いのです。

といっても、カチカチに固まった古い角質層だけを剥がすのはとても難しそうですね。新しい角質層まで剥がしてしまったら大変です。

 

まずは角質層をやわらかくする必要があります。お湯などに足をつけると少しやわらかくなりますので、それからヤスリで古い角質層を削り落とします。

ヤスリは荒い目と細かい目があります。まずは荒い目で固い部分を削り落とします。

 

この時、足の周囲から中心に向けてかけます。一気に削ろうとすると、新しい角質層も削ってしまうことがありますので、少しずつ丁寧に行いましょう。

次に細かい目で足の裏全体に優しくヤスリをかけます。この時も周囲から中心に向けて一方向にかけるようにしましょう。

 

保湿する

girl-asimoto

1 / 2
サブコンテンツ