後頭部にしこりやこぶができる原因一覧!痛みの違いで分かる病気。

頭に手を当てる女の人

気づいたら後頭部に原因不明のこぶのようなしこりがあるときは何が原因と考えられるのでしょうか。

痛みがある場合、痛くない場合など症状に合わせてさまざまな原因や病気が考えられるのでしっかりとチェックしていく必要があります。

そこで、ここでは後頭部にしこりやこぶができる原因や病気、対処法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

後頭部にこぶのようなしこりができる原因

寝る

後頭部にしこりやこぶができるときはさまざまな原因が考えられます。そこで、ここでは痛みがある場合、押すと痛みが出る場合、痛みを感じない場合の3種類のケースに分けてお伝えしていきます。

ご自身の症状に合わせてチェックしてみてください。

 

痛い場合

打撲による内出血

打撲による内出血とはいわゆる「たんこぶ」です。頭に外部から衝撃を受けると、頭蓋骨と皮膚の下に血液やリンパ液が入り、ボコッと膨れたたんこぶができてしまいます。

後頭部のあたりをぶつけてしまったなどの心当たりがある場合は、たんこぶである可能性が高いです。

また、寝ている間などに気づかずに頭をぶつけている可能性も考えられるので注意しなければなりません。

 

筋肉の緊張による痛み

デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっていたりすると、筋肉が疲労し緊張状態になってしまいます。

筋肉が緊張状態になるということは、筋肉が凝り固まってしまうということであり、これが後頭部のしこりになってしまうのです。

特に肩こりや首こりなどが併発している場合は、長時間の緊張状態が原因となっている疑いが持たれます。

スポンサーリンク

リンパ節の腫れ

リンパ節は、首まわりに多くあります。体内に侵入した細菌やウイルスを退治するときに、このリンパ節が腫れてしまうのです。

  • 風邪のような症状がある
  • 首にも腫れがある
  • 後頭部の下の方が腫れている

特に上記のような症状が見られる場合は、リンパ節の腫れが原因であると考えられます。

参考:首のリンパが腫れて痛い!意外な原因をチェックしよう!

 

押すと痛い場合

粉瘤(アテローム)

帽子に手を当てる女の人

粉瘤はアテロームとも呼ばれる皮膚の良性腫瘍です。古くなった角質や皮脂が溜まっていくことでしこりのような状態になるのです。

大きさは数mmから数十cmと幅広く、後頭部だけでなく体中のさまざまな部位にできる可能性があるのが特徴です。

 

良性腫瘍なので、放っておいて何か悪影響があるという腫瘍ではないですが、押すと痛みが生じる場合があるので注意が必要です

また、放置しておくとどんどん大きくなってしまうこともあるので、発見したら早めに病院で切除してもらうことをおすすめします。

さらに、化膿したり臭いを放つこともあります。

参考:粉瘤の臭いを対策する3つの方法を公開!

 

脂肪腫

脂肪腫も粉瘤と同様に良性腫瘍で、簡単にいうと「脂肪のかたまり」です。なので、化膿したり臭いを放つことはなく、この点でいえば粉瘤よりも無害であるといえます。

通常痛みが生じることはありませんが、押すことで下部組織が圧迫されて痛みが生じることもあります。

 

脂肪肉腫

脂肪腫と名前が似ていますが、脂肪肉腫は悪性腫瘍です。急にこぶが大きくなった場合は脂肪肉腫に注意しなくてはいけません。

比較的発生頻度が低い悪性腫瘍ですが、急激なこぶの膨らみには気をつけなければなりません。

スポンサーリンク

痛くない場合

石灰化上皮腫

石灰化上皮腫は、良性の腫瘍で子供や若い世代で生じることが多い腫瘍となっています。腫瘍の一部が石灰化して、白っぽい黄色や黒ずみが透けて見えることがあります。

さらに、指で押すと腫瘍を動かすことができるのが特徴です。またほとんどのケースで触ったりしても痛みが生じることがありません。

除去するには摘出手術を行う必要があります。後頭部にできて気になる場合は病院で相談するようにしましょう。

 

後頭部にこぶやしこりができる病気

毛包炎

毛包炎とは、毛穴に外部から侵入した菌が繁殖してしまい炎症を起こしてしまう皮膚の病気です。

1 / 2
サブコンテンツ