左脇腹のチクチクした痛み!何かの病気が原因かも?!

手に止まるスズメ

右脇腹には特に異常はないのに、左脇腹だけチクチク痛みを感じるのは何かの病気かもしれません。すぐ治るだろうと放っておくのはとても危険なことです。

しかし、左脇腹の痛みにはさまざまな原因があり、自分で自身の原因を解明するのは意外と難しいことです。

 

そこで、ここでは原因を解明しやすいように原因となる病気などを網羅的にお伝えしています。

さらに、一緒に伴う症状などもあわせて記述してありますのでご自身の症状と照らし合わせることができるはずです。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

左脇腹がチクチク痛む原因

筋肉の疲労

6974576497_768ff10572 (1)

まずは、筋肉が疲れが考えられます。

この場合は特に何か内臓系の病気にかかっているというわけではないので安心してください。

 

左脇腹だけにチクチクした痛みを感じる場合は、普段から体のバランスが左に傾いていて左脇腹に負担がかかっているのかもしれません。

  • 机に向かっている時間が多く、猫背になっている
  • いつも肘をついて横になって長時間テレビを見ている
  • 座っているとき、足を組むのがくせになっている

 

このようなことが習慣化している場合は左脇腹の筋肉が疲労して傷んでしまいます。

対処法としては、姿勢の悪さを改善しなければなりません。

どうしても自分で正すことができないような場合や骨盤がすでに歪んでしまっている方は整骨院などで正しい姿勢になる施術を受けるといいですね!

スポンサーリンク

ストレス

ストレスは私たちの体にさまざまな悪影響を及ぼします。そのひとつの症状として左脇腹の痛みとして表れている可能性があります。

またストレスにより後述するようなさまざまな病気が引き起こされる根本的な原因ともなります。

日ごろから適度な運動をしたり、休養をしっかりとることで体にストレスをため込まないことが大切です。

 

便秘

意外に思う方も多いかもしれませんが、便秘により左脇腹が痛くなることはよくあります。

実は左脇腹はちょうど腸の終わりの部分に位置しており、そこに便が固まってしまうことで痛みが生じるのです。

実際に便秘の場合は左脇腹を触ってみると硬くなっていることが多いです。

 

便秘の改善にはこまめに水分を補給したり、食物繊維をしっかりと摂取することが大切です。

便秘は下腹部がはれてしまったりするとともにさまざまな症状を引き起こします。女性を中心に悩まされている方も多いと思いますが、食生活を中心に改善していきましょう。

 

左脇腹の痛みが教えてくれる7つの病気

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

帽子を深くかぶった女の人

そのチクチクした痛みは胃や十二指腸の病気が原因かもしれません。

これらは、ピロリ菌という細菌に感染することにより発症してしまいます。

 

ピロリ菌が消化器官に感染すると、消化器官を守るための粘膜が弱まってしまいます。これによって、潰瘍ができてしまうのです。

左脇腹のチクチクした痛みの他に、みぞおちにも痛みを感じたり息苦しさを感じるような場合は胃潰瘍や十二指腸潰瘍かもしれません。

 

急性膵炎

お腹の左側には膵臓(すいぞう)があります。膵臓とは、食べ物をしっかり消化するのを助けるための臓器です。

この膵臓が急に炎症を起こしてしまう病気を急性膵炎といいます。

 

急性膵炎になってしまう原因は、飲酒であることが特に多いです。

アルコール類を毎日過剰に摂取していると、急性膵炎になる確率が高くなってしまいます。

また、症状としては左脇腹の痛みとともにお腹の上の方や背中側も痛くなることがあります。さらに下痢や吐き気も伴うことが多いです。

 

アルコールをいつも多く摂取していて、このような症状があらわれた方は、急性膵炎の疑いがあります。内科に受診することをおすすめします!

スポンサーリンク

膵臓がん

膵臓がんの初期症状のひとつとして左脇腹の痛みがあげられます。膵臓がんはがんの中でもかなり危険な病気になります。

なぜかというと、進行が速いうえに明らかな症状も出にくいからです。気づいたらかなり悪化していたという可能性も高くなってしまうのです。

なので、しっかりと初期症状を理解し、早期発見につなげることがとても大切です。

 

膵臓がんの初期症状としては以下のようなものがあげられます。

  • 左脇腹の痛み
  • 背中・みぞおちの痛み
  • 吐き気
  • 高熱
  • 下痢

このようにただの風邪かと思うような症状が膵臓がんの初期症状となるので注意しなければなりません。

また、膵臓がんの主な原因としては、

  • 膵炎の悪化
  • 糖尿病による併発
  • 肥満

などがあげられます。

 

特に50代以上の高齢の方に膵臓がんは発生しやすいと言われていますので、左脇腹の痛みなどの症状があらわれ、少しでも『おかしいな?いつもの風邪と違うな?』と感じた場合は検査を受けてみることをおすすめします。

1 / 2
サブコンテンツ