首の寝違えが治らない!湿布の正しい使い方とは?

赤ちゃんを抱える父親

ついソファーなどで変な体勢で寝てしまうと、首を寝違えることがよくあります。この寝違えがなかなか治らないんですよね!

左右に振り向くだけでも、かなり痛みを感じると思います。

そこで、今回は首を寝違えたときの湿布を使った治療法やその他の治し方についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

首を寝違えたときの湿布の使い方

baby1

首を寝違えてしまったときに自分で簡単にできる治療法は患部に湿布を貼るということです。

しかし、湿布には2種類あります。

 

冷感湿布と温感湿布です。

寝違えた場合は、これらを上手く使い分けて使用しないと、早く治るどころか、逆に悪化してしまう場合もあります。

それでは、どのように使用していけばいいのでしょうか?

 

寝違えたとき、まずは冷感湿布を使う

まず、寝違えたしまった直後は患部を冷やさなければなりません。よって、最初は冷感湿布を使用します。

寝違えたということは、筋肉が炎症してしまっているということです。

痛みを抑えるためには、この炎症作用を抑えなければなりません。

 

炎症作用を抑えるには、患部を冷やしてあげることが一番です。

冷やしてあげることが目的なので、冷感湿布が手元にない場合は、ビニール袋に氷を入れて、それを当てたりすることも効果的です。

 

注意しなければならないのは、寝違えた直後に温感湿布を貼ってしまうことです。

患部を温めてしまうと、炎症作用が悪化してしまうので気を付けましょう。

できれば寝違えて痛みがある場合は長時間入浴して、患部を温めることがないようにするといいですね!

スポンサーリンク

痛みがひいてきたら、温感湿布を使う

寝違えてしまった直後は冷感湿布を使うといいと紹介しましたが、温感湿布はどのタイミングで使用すればいいのでしょうか?

1 / 2
サブコンテンツ