唇に水ぶくれができたときは口唇ヘルペスに注意!痛くない原因もチェックしよう!

口

唇に水ぶくれができるととても目立ち、とにかく早く治したい!と感じる方も多いですよね。

人と話していると視線がつねに唇を向いていると意識してしまうことも多いです。

そこでここでは唇に水ぶくれができる原因や治し方についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

唇に水ぶくれができる口唇ヘルペスとは?

口

唇に水ぶくれができたときに最も多い原因が口唇ヘルペスです。唇や唇のまわりにポツポツ水ぶくれが出てきた場合はまずは口唇ヘルペスを疑ってみましょう。

そこでここではまず口唇ヘルペスについて詳しくお伝えしていきます。

 

口唇ヘルペスの症状

唇に水ぶくれができてから口唇ヘルペスだと気づく方が多いですが、口唇ヘルペスには前駆症状といわれる、いわゆる前兆症状があります。

唇の周りがヒリヒリ、ピリピリ、チクチクと感じるような違和感がしたり、かゆみを感じることが多いのです。

そして、このような前駆症状が出たあとに唇が赤く腫れ出し、1〜3日後に水ぶくれの症状が表れます。

 

口唇ヘルペスの原因

口唇ヘルペスは、顔にある三叉神経という神経にウイルスが感染することにより発症します。

この感染するウイルスは単純ヘルペスウイルスというウイルスです。ただ単純ヘルペスウイルスには多くの人がすでに感染しているのが実態です。

 

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 食生活の乱れ
  • 肌の荒れ

などが原因で免疫力が低下してくるとこの単純ヘルペスウイルスにより口唇ヘルペスの症状が出てくるのです。

スポンサーリンク

口唇ヘルペスの治療法

口唇ヘルペスになったと感じたらまずは皮膚科で診察を受けましょう。正しい治療をすることができれば完治までだいたい2週間ほどといわれています。

皮膚科では抗ウイルス薬などの塗り薬(外用薬)や飲み薬(内服薬)が処方されることが多いです。

 

また市販薬でもアクチビア軟膏などの口唇ヘルペスに効果が期待できる塗り薬が販売されています。

このような薬をしっかりと使用し、下手に指で触り無駄な刺激を与えないように注意していきましょう。

 

また口唇ヘルペスはキスなどで他の人にうつる病気です。

なので大切な人にうつしてしまわないようにしっかりと対処する必要があります。こちらの記事も併せてご覧いただくことをおすすめします。

参考:口唇ヘルペスがうつる確率と期間は?感染について徹底解説!

 

唇に水ぶくれができる原因

口

ここまでは唇に水ぶくれができる代表的な原因である口唇ヘルペスについてお伝えしました。ただ唇に水ぶくれができる原因は他にもさまざまなことが考えられます。

口唇ヘルペスの症状に当てはまらない方はこちらの原因ではないか探ってみてください。

 

アレルギー

唇は食べ物や化粧品、歯磨き粉など意外とさまざまな物と接触する部位です。ただ唇は皮膚がとても薄く、ある特定の物質がアレルゲンとなって唇が炎症を起こし、水ぶくれになってしまうこともあるのです。

アレルギーの原因物質となるアレルゲンは人それぞれです。

例えば、あるリップクリームに含まれる成分が原因であったり、いちごなどのフルーツが原因であったり、歯磨き粉が原因であることもあります。

 

何か唇に触れたときに水ぶくれが出てしまう場合は、そのアレルゲンとの接触を避けるよう対処していきましょう。

繰り返しアレルギーを起こしてしまうと症状が悪化し、水ぶくれだけでなく唇が大きく赤く腫れてしまうこともあるので注意しなければなりません。

 

口角炎

口角炎とは、ビタミン不足やカンジダ菌の感染などが原因で唇の両端あたりで炎症を起こしてしまう病気です。

口が裂けていまうように傷がついてしまい、口を開けるだけでも激しい痛みが生じてしまうのです。

 

このように口角炎は水ぶくれが主な症状でありませんが、傷がかさぶたになったところに白いぶつぶつができることがあります。

これが水ぶくれのように感じてしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

手足口病

手足口病は主に夏に流行しやすい病気であり、子供が感染しやすくなっています。

病名の通り、手や足や口に白い水ぶくれができてしまうのです。口の水ぶくれは口内だけでなく唇や口のまわりにもボツボツと出てくることもあります。

1 / 2
サブコンテンツ