ランニング中、足の裏の外側に痛みが?!3つの原因を紹介!

水滴をかぶる女の人

走っているとき突然、足の裏の外側にズキズキした痛みを感じるようになったことはありませんか?

次第に悪化していき、歩くのも難しくなっていくかもしれません。

 

そうなる前にもしっかり原因を見つけて治療をすることが大切です!

そこで今回は、ランニング中に足裏の外側に痛みを感じたときの原因についてお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)

woman2

足底筋膜炎という病気を聞いたことがあるのでしょうか?最近、発症しやすくなってきている病気のひとつです。

足底筋膜炎は、足の裏の筋肉が硬くなってしまい足裏に痛みを感じるようになる病気です。

 

例えば、靴の中のソールにクッション性がなく、地面と同じような固さだったら当然痛いですよね!

それと同じことが足の裏の筋肉で起こっているのです。

 

痛みを感じる部分は人によって異なりますが、特に足裏の外側の筋肉が硬くなってしまった人はランニング中にその部分が痛くなってしまうことがあるのです。

それでは、筋肉が硬くなってしまう原因というのはいったいなんなのでしょうか?

 

ランニングをよくしている方の場合は、「足の裏に強い衝撃を与え続けている」ということが足底筋膜炎を起こしてしまう原因となります。

当然ですが、走っているときは普通より足の裏に強い衝撃が加わります。この積み重ねによって筋肉が固まってしまったのです。

 

ランニングの他にも、剣道、テニス、卓球など足裏に衝撃が加わりやすいスポーツをよくしている方も足底筋膜炎になりやすいです。

これを防ぐためには、日頃のケアが大切です。

運動をした後は必ず、足裏のストレッチをするようにしてください。

 

ストレッチの方法としては、こちらの動画で紹介している方法がおすすめです!

めんどくさいと思いますが、足底筋膜炎となってしまったら、慢性化して、なかなか痛みがひかないこともよくあります。ストレッチを習慣づけるといいですね!

スポンサーリンク

中足骨の炎症や疲労骨折

続いては、中足骨という足の骨の部分が炎症を起こしたり、疲労骨折をしたりして足裏の外側に痛みを感じてしまうというパターンです。

1 / 2
サブコンテンツ