みぞおちを押すと痛い!この原因と病気の可能性について

寝そべっている男の人

みそおちと言えば急所というイメージですね。急所を攻撃された時に痛いのは別として、普通に生活していて押したら痛いとなると、何かの病気ではないかと不安になります。

みぞおちは上腹部の少し凹んだ部分をいいます。この奥にあるのは胃や肝臓・すい臓などです。これらの病気ではなくてもみぞおちに痛みを感じることもあります。

今回はみぞおちを押すと痛みを感じる原因や病気についてお伝えします。気になっている方はぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

寝そべっている男の人

空腹時にみぞおちを押すと痛いという場合は胃潰瘍の可能性があります。食べたものは胃で強力な酸によって消化され十二指腸へと送られます。この強力な酸は胃酸と言われます。

胃酸は食べたものを素早く溶かす強力な物質ですが、胃や十二指腸の壁は粘膜で覆われ胃酸から守られています。この壁にえぐられたり穴があいたりした状態を潰瘍といいます。

 

潰瘍ができると、その部分は粘膜で保護されないので胃酸によって強い痛みを感じるようになります。空腹時にみぞおちを押すと痛い場合は胃潰瘍の可能性があります。

十二指腸潰瘍の場合、空腹時や深夜から明け方にかけて痛みを感じやすいです。

これは夕食後の消化時間を考えると、食物が胃から十二指腸へ送られてくるタイミングが深夜から明け方になるということで納得できますね。

 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍になる原因は様々です。

過度のストレスや疲労がたまった時、暴飲暴食・睡眠不足など生活リズムが乱れた時などには、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

 

自律神経のバランスが崩れると、体の中のあらゆるところに様々な支障が現れるようになります。普段から規則正しい生活・バランスの良い食生活を心がけ、体をいたわるようにしましょう。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の場合、生活リズムを見直すことで改善されることが多いです。どうしても痛みが強くて辛い場合は胃酸を抑える薬で楽になりますので主治医に処方してもらいましょう。

スポンサーリンク

逆流性食道炎(吐き気がある場合)

みぞおちを押したら痛いという症状の他に、胸焼けやゲップが多い・口に苦味を感じるなどの症状がある場合は逆流性食道炎の可能性が高いです。

参考:口の中が苦いのは病気かも?6つの原因をチェックしよう!

 

通常、胃酸は食道へ逆流しないように、胃と食道の間にある括約筋(かつやくきん)によってコントロールされています。

しかし、加齢・ストレス・暴飲暴食など様々な原因によって括約筋の機能が低下すると胃酸が食道へ逆流してしまうのです。

食生活を見直し、規則正しい生活を送るよう心がけると解消されることも多いです。それでも改善しない場合は医療機関で相談しましょう。

 

胆石症

傘をさす男の人

肝臓で産生される胆汁を貯蓄する胆のうなど、胆汁の通り道に胆石ができることを胆石症といいます。

胆汁は油分の多い食事をした時に多く分泌されます。暴飲暴食など食生活が乱れた時には特に痛みを感じやすいです。

 

1 / 2
サブコンテンツ