脇の下のリンパが腫れる5つの原因!しこりが痛くないときは病気かも?

頭に手を当てる女の人

脇の下のリンパが腫れて痛いという経験はありませんか。しこりがあると何か怖い病気ではないかと不安になりますね。

また、脇の下のしこりでも痛みがない場合は放置しても大丈夫なのでしょうか。

意外にも痛みがない場合の方が重大な病気が隠れている可能性があるので注意しなければならないのです。

そこで今回は脇の下のしこり、リンパの腫れ、痛みなどの原因や治し方についてお伝えしていきます。気になっているという方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

脇の下のリンパが腫れる原因

リンパ節の腫れ

頭に手を当てる女の人

脇の下にはたくさんのリンパ節があります。全身に通っているリンパ管にはリンパ液が流れており血液からの老廃物を運びます。

脇の下や頸部に多くあるリンパ節では細菌やウイルスなどを排除する働きがありますが、そのためにリンパ液がたまりしこりとなることがあります。リンパ節の腫れによるしこりはやわらかく、押すとぐりぐりと動きます。

風邪を引いた時や体調のよくない時にはリンパ節が腫れやすくなります。元の病気が治ると自然にしこりもなくなります。

 

また、リンパは首にたくさん通っていることが知られており首のリンパも腫れて痛みを感じることがあります。

首のリンパが腫れて痛い!意外な3つの原因!

スポンサーリンク

粉瘤(ふんりゅう)

皮膚下にできた袋状のものに垢がたまって固まったものを粉瘤といいます。粉瘤は、耳たぶ・脇の下・お尻などにできやすく、脇の下にできた場合は特に悪臭が強いです。

粉瘤ができる原因は解明されていませんが外傷や疲労・ストレスがきっかけとなるとも言われています。粉瘤であればしこりの中央にへそと呼ばれる黒い点があります。

 

粉瘤は良性腫瘍ですので放置しても病気の心配はありませんが、雑菌が入って炎症を起こした場合は痛みが出ます。

しこりが大きくて気になる場合や悪臭に悩む時は切除した方が良いので皮膚科で相談してみましょう。粉瘤の臭いの対策法についてはこちらの記事をご覧ください。

粉瘤の臭いを対策する3つの方法を公開!

1 / 2
サブコンテンツ