土踏まずがつる7つの原因!しっかり予防して痛みをなくそう!

足

運動をした後や寝ている間に土踏まずをつってしまうことはよくあることです。

つる原因はさまざまですのでしっかりとご自身の生活状況に照らし合わせてチェックしていくことをおすすめします。

ここでは土踏まずがつる原因や予防法などについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

土踏まずがつる原因

疲労

足

激しい運動をしたり、長時間歩いた後などは足に疲労がたまり、土踏まずがつる原因となります。筋肉が疲労すると、運動神経との連携がうまくいかなくなり筋肉が収縮し続けてしまいます。

筋肉が収縮し続けることで、筋肉が硬直しつってしまうのです。

 

もうひとつ考えられる原因があります。それは、筋肉疲労は筋肉を動かすために必要な酸素や栄養を体の隅々まで送るのを妨げてしまうということです。

これによって体の先の方の土踏まずが痙攣してしまうということもあるのです。

 

血行不良

足の裏は心臓から離れていて、血の巡りが悪くなると十分な酸素や栄養を送ることができなくなってしまうのです。

これによって足裏の筋肉が収縮し続け土踏まずをつる原因となってしまいます。

 

特に寝ている間は体温低下なども伴い足先の血行不良が起こりやすいです。

睡眠中に足をつって起きたという経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

血行不良の原因の多くは食生活や疲れによるものです。お肉中心の食生活をしていると脂質の過剰摂取により血液がドロドロになってしまいます。

しっかりと緑黄色野菜も摂取して、血液の巡りを促すことが大切です。また、ストレスは自律神経を乱してしまう作用があり、これにより血液の循環調節が機能しにくくなってしまうのです。

スポンサーリンク

ミネラル不足

筋肉の収縮は、体内のミネラルの働きによって調節されています。ミネラルとは、カルシウム・マグネシウム・カリウム・リンといった電解質です。

このミネラルが不足してしまうと、筋肉と神経の連携が乱れてしまい土踏まずをつる原因となってしまうのです。

ミネラル不足は食生活だけが原因でなく、汗をかいて電解質が不足した状態でも発生します。

 

つまり、よく運動中につってしまうのは、このミネラル不足もひとつの原因となっているのです。

また、年を重ねるにつれてミネラルの吸収率は落ちていき、ミネラルの排泄量も増えていきます。結果的に体内の電解質(ミネラル)濃度も減っていきますので、さらにつりやすくなってしまうのです。

 

水分不足

海辺に立つ男の子

体の水分が不足していると、脱水症状のような状態になり血液はドロドロになってしまいます。

血液がドロドロになってしまうと、血行不良のケースと同様に足先に十分な酸素や栄養を送ることができなくなります。

これによって、土踏まずがつりやすくなってしまう原因となるのです。

 

冷え

特に女性の方などは寒くなってくると足先・手先がかなり冷えてしまう方も多いです。

冷え性とまでは冷えが悪化していなくても、家の中で素足で歩いていたり、足先を出しながら寝ていたりすると足は驚くほど冷えきってしまいます。

冷えると土踏まずをつりやすくなってしまいます。後述するように足を温めるような予防法を実践していくといいですね。

 

体の歪み

足を組む

1 / 2
サブコンテンツ