空腹時にお腹が痛くなる3つの原因!隠れた病気に対処しよう!

お腹

お腹が空きすぎると腹痛がするというのは、多くの人に表れる症状です。多くの場合は空腹時に胃酸が過剰に分泌してしまうことが原因であることが多いです。

ただ他にも意外な隠れた病気にも注意しなければなりません。これらは日々の生活習慣を改善していくことで簡単に対処することができますのでぜひ実践していきましょう。

そこで、ここでは腹痛時にお腹が痛くなる原因や対処法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

お腹が空くと腹痛がする原因

胃酸過多

お腹

胃酸過多とは、食べ物を消化するための胃酸が過剰に分泌されてしまう病気です。胃酸は、胃に「消化すべき食べ物」が入ってくると必要な分だけ分泌するように調整されています。

しかし、さまざまな原因によって必要以上の胃酸が分泌されて、胃に負荷がかかってしまいます。

これにより、お腹が痛くなったり、胃もたれ・胸やけ・吐き気などの症状が生じるのです。

 

このような胃酸過多になってしまう原因は主に以下の2つがあげられます。

  • ストレス
  • 高ガストリン血症

程度の違いはありますが、多くの人が日々の生活の中でストレスを感じていると思います。ストレスを感じることにより、私たちの体を制御している自律神経が興奮します。

これによって、空腹状態であるにもかかわらず胃酸の分泌が促進してしまうのです。

 

また、高ガストリン血症とは血中のガストリン濃度が高くなってしまう病気です。

胃の中に存在するピロリ菌の作用によってガストリンの分泌が行われることで血中のガストリン濃度が高くなってしまうことがあるのです。

ガストリンというホルモンは胃酸の分泌を促進する作用がありますので、この結果、胃酸過多の状態になってしまうというわけです。

スポンサーリンク

急性胃炎

急性胃炎は、胃の粘膜で炎症を起こしてしまう病気です。これにより、胃痛・吐き気・食欲不振・下痢などのさまざまな症状があらわれます。

急性胃炎が発症する原因としては、

  • ストレス
  • アルコール・コーヒーなどの刺激物の過剰摂取
  • 喫煙

などが代表的です。

 

急性胃炎の場合は、痛みのほかにも吐き気と伴う場合が多いです。ぜひこちらの記事も併せてご覧ください。

参考:気持ち悪い!空腹時に吐き気がする3つの原因とは?

 

十二指腸潰瘍

帽子を深くかぶった女の人

十二指腸潰瘍は、十二指腸という部位の薄い粘膜が酸によってえぐられて潰瘍となってしまう病気です。

激しい腹痛、吐き気、胸やけなどが主な症状としてあげられます。

また、十二指腸潰瘍の特徴として空腹時に痛みが生じるものの食事をとることで痛みが和らぐということが多いことです。

1 / 2
サブコンテンツ