親指の付け根の突き指が治らない!正しい処置の方法は?

雨が降る横断歩道

「アイタタタタッ!」、バレーボールを楽しんでいたら、不意に「突き指」をしてしまいました。みるみるうちに指が腫れていきます。ジンジン指が痛みます。

突き指は痛いですよね。

そこで今回は、親指の付け根の突き指に対する効果的な処置の方法をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

正しい突き指の処置の仕方

medicine

突き指をしてしまったときには、どのように応急処置をしたらよいのでしょうか?

まずは、アイシングです。氷水にタオルなどを浸して絞りアイシングをしましょう。ビニール袋に氷を入れたり、保冷剤を使うことも有効的です。

 

次にやることは固定することです。添え木をするなどしてテーピングをして固定しましょう。テーピングをしたら、患部を心臓より高い位置に置き安静にしましょう。

応急処置はアイシングをし、テーピングをして安静にすることです。ただし、テーピングをする際にはあまりきつく締め過ぎないようにしましょう。血行が悪くなると治りが遅くなってしまいます。

スポンサーリンク

RICE処置

突き指したときの応急処置について考えました。その処置の仕方を支持するためですが、『RICE処置』という言葉を聞いたことがありますか?

RICE処置は突き指をしたときに行うべきことを示しています。

R:REST 安静
I:ICE アイシング
C:COMPRESSION 圧迫、固定
E:ELEVATION 拳上

です。

 

考え方は一緒で、大切なのはアイシングをして、固定し、拳上した状態で安静にすることです。

バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、ドッジボール、野球、柔道、ラグビーなどの競技で突き指がしやすいです。

 

スポンサーリンク

親指の付け根の突き指とは

親指を突き指してしまう人の約7割が付け根の部分を突き指すると言われています。この原因は、親指が他の指に比べて短く、太いという特徴が影響しています。

 

1 / 2
サブコンテンツ