ふくらはぎがだるいと感じる決定的な原因!疑うべき隠れた病気とは?

女の人のふくらはぎ

ふくらはぎがだるいと少し歩くのも、家事をするのも億劫になってしまいますよね。ふくらはぎがだるいだけで、足全体が重く感じてしまいます。

このようにふくらはぎがだるいと感じてしまう原因は単純に疲労や冷えであることが多いです。

ただ、だるいと感じることは思わぬ病気の前兆である可能性もあるのでしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

そこで今回は、ふくらはぎがだるく感じてしまう原因や病気、解消法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

ふくらはぎがだるいと感じる原因

疲労

女の人のふくらはぎ

ふくらはぎがだるいと感じたときに最も多い原因が疲労によるものです。普段あまり運動をしていないのに、長時間歩いたりするとふくらはぎがだるく感じることはよくありますね。

他にも、

  • 長時間の立ち仕事
  • 長時間のデスクワーク
  • 家事
  • ランニング
  • スポーツ

などもふくらはぎの疲労の原因となります。

 

このように、いつも以上にふくらはぎの筋肉を使うと筋肉疲労がたまり、筋肉が縮んで硬くなっていきます。

そして、筋肉が縮んでいるとふくらはぎ周辺の血管やリンパ管が筋肉によって圧迫されてしまい、血液の流れが悪くなってしまうのです。

このようにふくらはぎでの血液の流れが悪くなってしまった結果、「だるい」と感じてしまうのです。

 

実はふくらはぎは「第二の心臓」といわれることがあります。なぜなら、ふくらはぎは血液を体全身に巡らせるためにとても重要な働きをしているからです。

重力の関係で人間の血流は下半身にたまりやすくなっています。しかし、ふくらはぎの血液循環を良くするポンプのような機能でたまりがちな下半身の血液を上半身に勢いよく戻してくれるのです。

疲労によってふくらはぎの血流ポンプ機能が低下してしまうと、だるくなったり、むくみの原因となってしまうということです。

スポンサーリンク

冷え

ふくらはぎの「だるさ」」は疲労だけでなく、冷えによっても起こります。特に夏場、エアコンをつけながら足を出して寝ているときなどはふくらはぎが冷え切ってしまいます。

朝にふくらはぎがだるいと感じる場合は、寝ている間にふくらはぎが冷えてしまっている可能性があるのです。

 

冷えによってふくらはぎがだるくなってしまうメカニズム自体は、先ほど紹介したようにふくらはぎのポンプ機能が低下してしまい血流の巡りが悪くなってしまうことにあります。

冷えによってふくらはぎ辺りの血行が悪くなってしまいだるさを感じてしまうということですね。

 

ふくらはぎがだるいときに隠れている病気

スケートボードに乗る人

ふくらはぎがだるいと感じるときは、疲労や冷えだけでなく思わぬ病気が隠れている可能性もあります。ここでは代表的な3つの病気について紹介していきます。

 

 下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは、足の静脈(血管)がコブのようにふくらんでしまう病気です。命の危険など重篤な症状につながることはありませんが、痛みを感じたり、かゆくなったりと生活の質を低下させてしまいますので早めに対処していきたいです。

初期症状として、ふくらはぎがだるく感じることがよくあります。ふくらはぎのだるさの他にも、

  • 足が痛くなる
  • 足がむくむ
  • 足がつりやすい(こむら返り)
  • 足がかゆくなる

などさまざまな症状があらわれるのが特徴です。ふくらはぎのだるさとともにこのような症状があったら下肢静脈瘤を疑ってみましょう。

 

また、以下のように下肢静脈瘤で膝の裏側に痛みを感じることもあります。

参考:膝の裏側が痛い!6つの原因と対処法を徹底解説!

 

1 / 2
サブコンテンツ