インフルエンザで頭痛が治らない!その対処法と原因を紹介!

背を向ける女の人

冬になると怖いのがインフルエンザです。インフルエンザにかかると、高熱が続くだけでなく、体中にさまざまな症状があらわれます。

その中でも、頭痛はかなりつらい症状ですね。インフルエンザにかかって頭痛になってしまう人はかなり多いです。

 

そして、熱が下がってきてもこの頭痛はずっと残ってしまうこともよくあるのです。

そこで、今回はインフルエンザで頭痛が起きてしまう原因とその対処法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

インフルエンザで頭痛が残る原因

背を向ける女の人

インフルエンザが発症してしまう原因は、飛沫感染や接触感染などによりインフルエンザウイルスが体内へ侵入し、感染してしまうことです。

インフルエンザウイルスは体内の免疫系にとって外部からの侵入者と判別されるので、排除しようとします。

インフルエンザウイルスが侵入すると、私たちの血液に含まれる白血球の一種であるマクロファージが食べてくれます。

 

このマクロファージがウイルスを捕食するときにプロスタグランジンという成分が分泌されます。

インフルエンザによって頭痛が起きるのは、このプロスタグランジンが原因となるのです。

プロスタグランジンは、痛みや熱、腫れなどの現象を引き起こす原因物質となります。

なので、インフルエンザによって頭が痛くなってしまうのです。

 

また、インフルエンザによる発熱は発症してから5日後には、治まるのが一般的ですが、頭痛はそれ以降も続くことがあります。

このように頭痛が残ってしまうのは、インフルエンザウイルスがまだ体内で潜伏しているからです。

熱が下がっても、ウイルスが体内に入れば、マクロファージが退治するので頭痛がなかなか治らなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

頭痛の原因がインフルエンザではない可能性も!

インフルエンザの発症中、または発症後に頭痛が残ってしまうのは、インフルエンザ以外が原因の可能性もあります。

もっとも考えられるのは、肩こりが原因の場合です。

 

1 / 2
サブコンテンツ