低温やけどの症状と治療法を分かりやすく解説!

足に手を当てている人

足に手を当てている人

カイロや湯たんぽを愛用している方で、気づいたら広範囲に低温やけどをしていたという経験はありませんか?

激痛ではないけれど地味に続く痛みはとてもつらいですね。

 

低温やけどは通常のやけどと比べて症状が軽く見えますが、意外と重症化していて回復に時間がかかるという場合が多く、軽く考えない方が良いようです。

今回は低温やけどの症状とその治療法について解説します。ぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

 

やけどのレベル

低温やけどに限らず、やけどにはⅠ、Ⅱ、Ⅲ度と3段階のレベルに分けられます。

 

Ⅰ度

Ⅰ度は軽いやけどで、日焼けなどの軽い痛みや発赤が出る程度になります。完治まで1週間前後かかります。

 

Ⅱ度

Ⅱ度では、水ぶくれができるなどの症状が現れ、痛みも強くなります。水ぶくれの化膿予防も必要ですので、医療機関での治療が必要です。

完治まで2~3週間を要します。状態によっては跡が残ることもあります。

 

 Ⅲ度

Ⅲ度はかなりの重症で皮膚が壊死してしまう状態です。神経にダメージがあり痛みをほとんど感じません。状態により治療には長期間かかります。患部には跡が残ります。

スポンサーリンク

低温やけどとは?

低温やけどは体温より少し高めのものに長時間触れることで起こります。カイロ・湯たんぽ・電気毛布などで起こることがあります。

低温やけどは瞬発的な痛みがなく、すぐに気づかないため、1~2週間後にやっと気づくということもあります。しかし、やけどはその間もどんどん進行しているため、気づけば重症化しているのです。

 

低温やけどは軽いやけどだと思いがちですが、やけどのレベルでいうとⅡ~Ⅲ度であることが多いです。

低温やけどは深部で炎症を起こしているので表面上はひどく見えません。

 

しかし、見た目より重症化していることが多く、治るまでに時間がかかります。

皮膚の感覚が鈍くなっている高齢者や体が自由に動かせない乳児・糖尿病などで血液循環が悪い方・体に麻痺がある方などは注意が必要です。

 

低温やけどの症状と治療

夕日をバックに乾杯

軽い低温やけどの場合は、ヒリヒリする程度ですが、この時点で気づいた場合は深部での炎症まで発展していませんので、患部を冷やす程度で大丈夫です。

 

痛みが出て水泡ができるとレベルⅡになっています。やけどから24時間以内と考えられます。

深部での炎症が起きて、奥の方がピリピリと痛みます。やけどから7日から10日はこの痛みが続きます。

 

こうなると自宅での治療では回復しません。水泡の管理や化膿予防などの治療が必要となりますので早めに病院へ行きましょう。

1 / 2
サブコンテンツ