鼻の粘膜が乾燥するときに役立つ対策法6つ!

空を見上げる女の人

風邪をひいたわけでもないし花粉症でもないのに、何だか鼻がムズムズして気になるという方はいませんか。

鼻の粘膜が乾燥する乾燥性鼻炎の方は、気づいていない方も多いですが、意外とたくさんいます。

今回は鼻の粘膜が乾燥するときに役立つ対策法をご紹介します。しっかり対策を行うと改善されますので、思い当たる方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

乾燥性鼻炎(ドライノーズ)とは

空を見上げる女の人

鼻は外部から酸素を取り込む時の通り道となっています。外気をそのまま取り込んでしまうとホコリやウイルス・細菌なども体内に入ってしまうため、鼻がフィルターの役目をしています。

鼻の中にある鼻毛は大きなホコリなどをキャッチしてくれます。そして鼻の中の皮膚は粘膜で覆われており、ここでウイルス・細菌もキャッチできるというわけです。

 

さらに外気温と体内の温度の差を少しでも少なくする必要があるため、冬場などの外気温が低い時期には、血流の多い粘膜によって空気が温められています。

このように鼻の粘膜は重要な役割を果たしていますが、エアコンの多用などが原因で鼻の粘膜が乾燥してしまう状態が乾燥性鼻炎です。

 

乾燥性鼻炎になると、鼻がムズムズして気になるだけではありません。何度も鼻をかんだり触ったりしているとカサブタができ、不快感はさらに増します。

痛みをともなう場合や出血してしまうこともあります。また、粘膜が本来の役目を果たせないため、ウイルスや細菌の侵入により体調を崩しやすくもなります。

乾燥性鼻炎になる原因は乾燥した環境にあります。一日中エアコンの聞いた室内で過ごしている方に多く見られます。

スポンサーリンク

鼻の粘膜が乾燥するときの対策

加湿

乾燥した環境で長時間過ごすことが原因となりますので、乾燥した環境への対策が必要です。

エアコンのきいた自宅で過ごすという方は加湿器を用意しましょう。ワンルームなどで過ごす方なら、湯舟のお湯をはったままにしておくのも1つの方法です。

 

水分補給

乾燥した環境にいながらあまり水分を摂らないと症状は悪化します。こまめに水分補給を行うようにしましょう。

1 / 2
サブコンテンツ