手の親指の付け根が痛い!気になる5つの原因を紹介

指

手の親指は日常生活の様々なシーンで活躍しています。お箸を持つ・ペンを持つ・ドアノブをまわすなど、何気ない動作でも親指に痛みがあると苦痛となります。

今回は手の親指の付け根あたりに痛みを感じる原因についてお伝えしていきます。

日常生活で困っているけれど、病院に行くかどうか迷っているという方はいませんか。気になる方はぜひ最後までご覧下さい。

スポンサーリンク

 

母指(ぼし)CM関節症

指

母指CM関節は親指の付け根の下の方に位置します。この母指CM関節やその周囲の筋肉の炎症によって痛みが出る症状を母指CM関節症といいます。

職業がら親指をよく使う方や、外傷や、加齢により変形性関節症を起こした場合などに軟骨がすり減って発症します。

 

母指CM関節症の場合、瓶のフタやペットボトルのキャップを開ける時などに痛みが出ます。また、細かい作業がしづらくなります。

整形外科では、レントゲンによって患部の状態を確認します。また、痛む側の親指を持ち、親指の付け根方向に押した時に痛みがあるか確認します。

母指MC関節症の場合、治療は固定療法になります。専用の装具で固定することで1~2ヶ月で治ります。

スポンサーリンク

腱鞘炎

手をよく使う職業の方などは、手を酷使することにより腱鞘炎を起こし、親指の付け根あたりに痛みが出る場合があります。

手から肩にかけての間で炎症を起こして腱鞘炎になった場合でも、その痛みが手首や親指の付け根あたりに生じることがあり、痛みのある手首や親指の付け根ばかりを気にしてしまいます。

しかし、実際に炎症を起こしている部分の筋肉をほぐしてやらなくては改善されません。まずは炎症部分を特定することが大切です。

 

手から肩にかけて、ゆっくりと押していき、痛みのある部分を探します。その部分をお風呂などで温めながら筋肉をほぐしてやりましょう。痛みがあるうちは安静にすることが一番大切です。

数日間マッサージを繰り返しても症状が変わらない場合は他の病気が疑われますので整形外科を受診しましょう。

 

腱鞘炎は手を酷使することで発症することが多いのですが、女性ホルモンの一種エストロゲンの減少により発症しやすくなることもわかっています。

出産後や閉経後の女性はエストロゲンが減少しており、それまでと同じように手を使っていても腱鞘炎になりやすいということですので注意しておきましょう。

1 / 2
サブコンテンツ