腰痛で左側だけに痛みを感じる原因とは?内臓系の病気に注意しよう!

階段をのぼる足元

腰痛があると重いものを持つことができなかったり、高いところのものを取ることができないなど、日常生活でも様々な場面で不便になりますね。

そして、その腰痛が片側だけにあるとしたら、その原因はなんでしょうか。部分的な痛みで原因に心当たりがないと、とても不安になりますね。

 

自分は腰痛持ちだからとなかなか病院へは行かない方も多いようですが、放置しても大丈夫でしょうか。

今回は腰痛で左側に痛みを感じる原因や病気についお伝えしていきます。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

 

左腰が痛い原因

ぎっくり腰

階段をのぼる足元

急に重いものを持った時や、無理な体勢をとった時に強烈な痛みが出ますので、多くの場合は原因はわかりますね。

しかし、ちょっと背伸びをした時や、顔を洗おうと中腰になった時など、いつもの動きの中で急に痛みが出る場合もあります。

 

これは筋肉が疲労している状態の時に起きるぎっくり腰です。年齢とともに筋肉は疲労しやすくなりますので、若い頃と同じ生活をしていると気づかないうちに筋肉が疲労しているということもあります。

日頃から軽い運動をしたり、バランスの良い食生活を送るよう心がけましょう。

 

体の歪み

まっすぐ立っているつもりでも肩が片方だけ下がっていたり、まっすぐ座っているつもりでも傾いているという方はたくさんいます。

また、利き手ばかりで作業をする仕事をされている場合にも、体の歪みは生じます。

偏った姿勢に負荷がかかることが多いと、少しずつ体に歪みが生じ、その負担が片側の腰にかかり続けて痛みを生じるようになります。

 

体の歪みが生じていることは意外と本人は気づかないものです。自宅で過ごす時の姿勢については家族に確認してもらいましょう。

職場での姿勢は同僚などに聞いてみたり、自分で意識してみるようにしましょう。

普段の姿勢やクセを見直し、体の歪みを少しずつなおすと腰痛もおさまってきます。

スポンサーリンク

筋肉の炎症

普段あまり運動していないのに、たくさん歩いたり、なにかスポーツをすると筋肉が疲労し、炎症を起こしてしまうことがあります。

 

腰の付近にも筋肉はたくさんあり、この部位の筋肉で炎症を起こしていたり、疲労により筋肉が硬直し痛みが生じているということも考えられるのです。

 

この場合は、マッサージやストレッチで筋肉をもみほぐし、疲労をとってあげることが大切です。

また、氷水を当てたりして冷やすことで炎症を抑えることができますのでぜひ試してみてください。

 

椎間板ヘルニア

お腹

腰の近くにある椎間板が外に飛び出して背骨内部の神経を圧迫することで腰に痛みが生じる病気です。

特に腰は、上半身の体重を支えているため負荷が大きくヘルニアになりやすい部位となっているのです。

 

発症原因としては、加齢と過剰な負荷が考えられます。年を重ねると椎間板が壊れやすくなり、ヘルニアを発症しやすくなってしまいます。

また、20代などの若い世代の方でも激しいスポーツをしたり、重い荷物をもったりして腰の椎間板に大きな負荷をかけ続けると椎間板ヘルニアの発症につながってしまうのです。

スポンサーリンク

左腰が痛いときに疑うべき内臓系の病気

左側の腰に激痛が走ったり、体勢を変えても変わらない痛みがある場合は内臓疾患の可能性があります。

1 / 2
サブコンテンツ