足首に痛みを感じる12個の原因!病院に行く前にチェック!

足に手を当てている人

足首が少々痛くても、ついつい放置してしまうという方は多いですね。すぐに治ることもありますが、その痛みが長引くと歩くたびに不便ですし、痛みがひどくなると不安になりますね。

足首の痛みというと筋肉や骨の異常だと思いがちですが、実はたくさんの原因があります。

今回は足首に痛みを感じる原因についてまとめました。危険な病気が隠れている可能性もありますのでぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

 

捻挫

足に手を当てている人

関節部分は骨と骨のつなぎ目であり、スムーズな動きができるように靭帯が重要な役割をしています。この靭帯が損傷した状態を捻挫と呼びます。

足首は全体重がかかる関節ですので、慣れない作業をしたり、運動をすると捻挫をしやすくなります。

腫れや皮下出血がある場合は、安静にして冷やすようにしましょう。

痛みが強い場合は靭帯断裂などのおそれもありますので、早めに整形外科を受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

疲労骨折

運動や仕事などで同じ部分に繰り返し負担がかかった場合に微細な骨折を生じることがあります。これを疲労骨折といいます。

疲労骨折は、一度の大きな負担で起こる骨折とは違い、時間をかけて生じるので、痛みがあっても運動を続けてしまう人が多いです。

しかし、慢性化することもありますので、痛みがある場合は休息し、治療に専念するようにしましょう。

 

肉離れ

飛び跳ねる女の人

急に運動をしたりすると、負担に耐えられず筋組織が断裂してしまいます。これを肉離れと呼びます。

運動不足の方だけではなく、普段から運動をしている方が異なるスポーツをした時などでも生じます。

 

いつもと違う運動をする際は準備運動を入念に行ってから開始しましょう。

痛みが出たら安静にし、まずは冷やしましょう。その後少しずつ患部のストレッチを行いながら慣らしていきましょう。

 

偏平足

偏平足の方は足裏のアーチが十分に機能しないため、走ったりジャンプしたりといった動きをすると足首への負担が大きくなります。

偏平足の方がスポーツをしていると、度々足首が痛くなるという場合は偏平足が原因となっている可能性があります。

 

偏平足は足裏の筋肉が不足している状態です。足裏の筋肉を鍛えることで足首への負担は軽くなります。

足指じゃんけんや足裏でタオルを掴むなど、足裏の筋肉を鍛える運動が効果的です。痛みが和らいだらぜひお試しください。

スポンサーリンク

足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)

足首の内側にある足根管と言われる神経が束になった部分で圧迫が生じて痛みが現れる症状です。

足根管は足裏の神経を支配する神経の束ですので、足裏のしびれを感じることが多いのですが、圧迫を受けている足根管が痛む場合は足首の痛みを感じます。

 

足根管症候群になる原因は静脈瘤やガングリオンなど様々ですが、まずは整形外科を受診し、原因を調べてもらいましょう。

原因を改善することで足根管への圧迫はなくなり痛みも改善されます。

ガングリオンについてはこちらでお伝えしていますのでご参照ください!

ガングリオンのつぶし方!手術するなら費用はどのくらい?

 

後脛骨筋腱機能不全症(こうけいこつきん きのうふぜん)

体重のかけ方が悪くて後脛骨筋腱というふくらはぎの筋肉への負担が大きくなることで、足首内側の痛みを生じます。

体重を外側にかける癖がある方などは、体重のかけ方を意識して治す必要があります。

 

冷え性

雪の上に立つ女の人

冷え性は血流が悪く手の先や足の先などの心臓から遠い部分に十分な血液が供給されないことで冷えを生じます。

1 / 2
サブコンテンツ