頬骨が痛いときに!5つの原因をチェックしてストレス解消!

一点を見つめる女の人

顔をどこかにぶつけたわけでもないのに、頬骨あたりに痛みを感じた経験はありませんか。頬骨の痛みはどこからくるのでしょうか。

顔の痛みは表情にも現れますから、人との会話にも影響が出てしまいます。痛みがストレスにもなりますので、早く痛みから解放されたいですよね。

今回は頬骨に痛みを感じる原因についてお伝えしていきます。思い当たる原因があるかもしれません。最後までぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

副鼻腔炎

一点を見つめる女の人

鼻の中には副鼻腔と言われる4対の袋があります。これは鼻の左右に分かれており、頬骨の奥に位置します。

この副鼻腔で炎症を起こすと、鼻水・鼻づまり・頭痛・頬骨の痛みなどの症状が現れます。

 

副鼻腔炎というと、鼻水・鼻づまりなどの症状をイメージされるかもしれませんが、頭痛や頬骨の痛みを感じる方は意外と多いのです。

急性副鼻腔炎は、風邪・花粉症・虫歯などが原因となり発症しますが、元の病気が治れば症状もおさまります。

 

しかし、元々副鼻腔に膿がたまりやすい鼻の形をしている方や外傷などで膿がたまりやすい形になってしまった方は、元の病気が治っても副鼻腔炎が治らず、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)へと移行してしまう場合があります。

参考:誤解してない?蓄膿症になる2つの原因!

鼻が膿のたまりやすい形をしている方は膿がなかなか排出されないと炎症が治りにくくなってしまいます。できるだけ早く耳鼻科で膿を排出させてもらいましょう。

スポンサーリンク

口腔トラブル

虫歯や歯茎・奥歯などの炎症等のトラブルがある場合、頬骨に痛みを感じることがあります。

特に、根尖病変(こんせんびょうへん)と言われる歯の根っこ部分の感染があると、頬骨に痛みを感じます。

頬骨の痛みの他にも、頭痛や顔の重苦しさなどを感じることもあります。思い当たる場合は歯科で相談してみましょう。

 

顎関節症(がくかんせつしょう)

過度のストレスや過労、歯ぎしりや食いしばりなどが原因となり、顎を動かした時に顎や顔に痛みを感じることがあります。

これは顎関節症と言われ、20~40代の女性に多く見られる症状です。

 

1 / 2
サブコンテンツ