鼻の中のできものが痛い!8つの原因を徹底解説!

岩

鼻の中にできものができるととても痛いですよね。触るとどんどん大きくなって痛みが増したりします。

できれば出来て欲しくないけれど、どうしたら予防できるのでしょうか。

今回は鼻の中にできものができる原因と対策をご紹介します。鼻の中によくできものができるという方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

ニキビ

bed

ニキビは顔にできるというイメージがあるかもしれませんが、鼻の中にできることもあります。

鼻の中のできものとして最も多い原因です。

 

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで炎症を引き起こすので、鼻の中をよく触ったり、鼻毛を抜くなどの刺激を与えるとできやすくなります。

痛みが出るのは皮脂が詰まった毛穴部分で炎症を起こしているためです。この炎症を抑えるためには抗生剤の服用や炎症をおさえる軟膏を塗るなどの治療を行います。

 

通常、鼻の中の粘膜は炎症を起こしても修復してくれますが、過労やストレスなどにより免疫力が低下している時には修復が遅く、炎症が進みやすくなります

規則正しい生活を心がけ、早く治すようにしましょう。

スポンサーリンク

マラセチア毛包炎(もうほうえん)

マラセチア毛包炎は背中にできることで知られていますが鼻の中にできることもあります。マラセチア菌は肌に常在するカビの一種です。

マラセチア菌は皮脂を食べて増殖し、炎症を起こさせます。鼻を清潔に保つことが大切ですので、気になっても触ったりしないようにしましょう。

 

ヘルペス

sleep

ヘルペスはヘルペスウイルスに感染して、痛み・かゆみ・水ぶくれなどができます。

口にできることが多いのですが、稀に鼻の中にできることがあります。アトピー性皮膚炎の方は感染しやすいと言われていますので注意が必要です。

 

自然に治る場合もありますが、鼻の中にできた場合は痛みや違和感が強いため、早めに抗ウイルス薬を服用する方が良いでしょう。

1週間ほどで改善されます。アトピー性皮膚炎の方は、重症化しやすいので早めの治療を心がけましょう。

スポンサーリンク

免疫力の低下

ビタミン不足や過度のストレスを感じている場合、免疫力が低下し、鼻の粘膜が弱くなります。

こうなると傷ができてもかさぶたができにくくなります。かさぶたは皮膚が傷ついた時に外部からの菌の侵入を防止する役目があります。

1 / 2
サブコンテンツ