爪がボコボコになる11の原因と病気!爪で健康状態をチェックしよう!

爪

爪がぼこぼこに変形してなかなか治らず悩まされている方はとても多いです。

また、ふと指先を見たら爪がぼこぼこに変形していると原因はいったい何なんだろうかと思いますよね。

多くの場合は乾燥や食生活の乱れであることが多いですが、なかには重大な病気が隠れている可能性も考えられるのです。

そこでここでは爪がぼこぼこになる原因や病気、その治し方についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

爪は健康のバロメーター

爪

爪は健康のバロメーターと呼ばれているほど健康状態をよく表す部位です。栄養不足であったり、代謝の状態がよくなかったりすると爪にもその状態が出てくるのです。

具体的には、

  • 爪が割れやすくなる
  • 爪の表面がボコボコになる
  • 爪に縦横のすじが入る
  • 爪が外側に膨らむ

といった異常があらわれます。

 

もしこのように爪が荒れてしまっていると気づいた場合は体の調子が悪くなっているサインかもしれないので、健康チェックを行うようにするといいですね。

スポンサーリンク

爪がぼこぼこになる原因

爪いじり

つい癖で爪を噛んでしまったり、爪と爪をこすり合わせたりするなどいじってしまう習慣がある場合は、このような爪いじりが原因でぼこぼこになってしまっていることが考えられます。

数回爪いじりをするだけでは特に影響はありませんが、爪いじりが癖になって無意識に行っていると気づいたら爪がぼろぼろになってしまっていることがあるのです。

 

ネイルなどの化学薬品による刺激

女性の方でよくネイルを塗る方は、ネイルが原因で爪がボコボコになっていることも考えられます。

特にネイルをしていると、爪カビ(グリーンネイル)といって、爪にカビができて緑色に変色してしまうことも起きます。

 

このような爪カビを発見したらすぐにネイルをオフにすることが大切です。基本的にネイルをオフにすればカビはそれ以上繁殖することはありません。

軽度であれば爪の表面を削ることで治すことができますが、重症化している場合は皮膚科などの病院で診察を受けなければなりません。

 

ストレス

爪

日頃から過剰にストレスや疲労をためこんでいると

  • 表面がでこぼこになる
  • 小さな点がたくさん出てくる
  • 表面がへこむ

といった症状が爪にあらわれてきます。

特にストレスが原因となっている場合は親指の爪に症状があらわれやすいので、親指がぼこぼこになっている場合はストレスや疲労が原因であることを考えてみましょう。

 

栄養不足

摂取している栄養が偏っていたり、栄養不足であったりすると爪によくその状態があわれてきます。

具体的には、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンE、鉄分といった栄養素が不足している可能性が高いです。

 

それぞれの栄養素を含む食材としては以下のようなものがあげられます。

  • ビタミンA:レバー・緑黄色野菜
  • ビタミンB2:レバー・卵・大豆
  • ビタミンE:かぼちゃ・たらこ・植物油
  • 鉄分:あさり・レバー・ひじき・小松菜

 

食生活の乱れが原因で爪がぼこぼこになっている心当たりがある場合は上記のような食材を積極的に食べるよう心がけていきましょう。

また、栄養不足は爪が縦に割れやすくなる原因ともなるので注意しましょう。

参考:爪が縦に割れる原因は?栄養不足のサインかも!

 

乾燥

爪は髪の毛と同様にケラチンというタンパク質で主にできています。また、ケラチン以外にも水分や油分でも構成されています。

髪の毛から水分や油分がなくなるとパサパサになってしまうのと同じように、爪も乾燥して水分や油分がなくなると表面がでこぼこになったり、割れやすくなったりしてしまうのです。

 

特に食器洗いをよくする方は使用する洗剤が影響して爪の乾燥を引き起こしていることが多いです。

食器洗いの洗剤は洗浄力が強く、爪表面の潤いを保つために必要は油分も落としてしまうのです。

 

老化

年を重ねると血流の流れが悪くなります。特に爪は指先にあり、体の末端であるため老化により血流が十分に行き届かないこともあるのです。

これにより爪がぼこぼこになったり、縦筋が目立つようになったりします。だいたい40代くらいからこのような影響があらわれ始めると言われています。

1 / 2
サブコンテンツ