手のひらの皮がむける3つの原因!主婦が気をつけるべき病気とは?

手の指

手は人にとても見られる部位であり、手のひらの皮がむけていると相手に不快な印象を与えてしまう可能性があります。

また、手のひらは物を持つときなどよく使う体の部位なので日常生活にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

特に皮がむける他にも、かゆみや湿疹などの症状があらわれる場合は皮膚病も疑われるのでしっかりとチェックする必要があります。

そこで、ここでは手のひらの皮がむける原因についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

手のひらの皮がむける原因

乾燥

手の指

手のひらの皮がむける原因で多いのが乾燥によるものです。

乾燥による肌荒れは冬場など乾燥している時期にしか起こらないと思っている方も多いですが、肌質によっては1年を通していつでも起こってしまいます。

 

肌が乾燥してしまうと皮膚表面のバリア機能や柔軟性が低下し、肌が荒れてしまい皮がめくれてしまうのです。

手のひらが乾燥してしまう原因は以下のことがあげられます。

  • 食器洗剤やハンドソープによって手のひらに必要な皮脂を洗い流してしまう
  • バランスの悪い食生活(特にビタミン類の欠乏)
  • エアコンの使いすぎ
  • 睡眠不足

 

このようにさまざまなことが乾燥の原因となって、手のひらの皮むけにつながってしまうのです。

特に肌が弱い方は、洗浄力の強いハンドソープや刺激の強い化粧品を手のひらにつけることは控えるようにしましょう。

手のひらが乾燥していると感じる場合は、できるだけ刺激が弱く自分の肌にあったハンドクリームなどをつけて保湿する習慣をつけるといいでしょう。

 

汗による肌荒れ

乾燥とは反対に、汗によって手のひらが湿っている状態が長時間続くことも皮がむけてしまう原因につながります。

お風呂に入っていて指の腹がシワシワになってしまった経験があると思います。これと同様の理由で、手のひらで汗をかきすぎると皮膚に水分が浸透しすぎてしまい、ふやけてしまいます。

すると、皮がポロポロとむけやすくなってしまうのです。

特に手のひらに汗をかきやすい人はハンカチなどで汗を拭いたり、手を頻繁に洗うような対策が必要です。

スポンサーリンク

精神的ストレス

精神的ストレスによっても手のひらの皮がむけてしまうことがあります。これには自律神経という私たちの体のさまざまな生理機能をコントロールしている神経が関係しています。

精神的ストレスを受けるとこの自律神経が乱れてしまい、手の先の末梢神経に十分な血液が送られなくなってしまうことがあります。

 

血液が送られないと、十分な栄養や酸素が手のひらに行き渡らず皮膚が荒れてしまい自然と皮がむけてしまうのです。

これは特に精神的ストレスの感受性の強い人、手が荒れやすい人、睡眠や運動が十分ではない人に起こりやすいです。

 

手のひらの皮がむける4つの病気

手

手のひらの皮がむけてしまうのは何かの皮膚病が影響していることも考えられます。手のひらは刺激を受けやすく、汗をかきやすいためさまざまな皮膚トラブルをまねきやすいのです。

そこでここでは代表的な4つの病気についてお伝えしていきます。

 

手湿疹(主婦湿疹)

手湿疹とは手のみにぶつぶつした湿疹や水ぶくれの症状があらわれる病気です。特に20〜30代の主婦の方に発症しやすいことから主婦湿疹とも言われています。

この手湿疹の初期症状で手のひらの皮がめくれてくることがあるのです。

 

1 / 2
サブコンテンツ