肩こりからくる手のしびれの原因を徹底解説!よく効く解消法を教えます!

背を向ける女の人

肩こりだけならただの疲労だと思う方も多いですが、手のしびれを伴うと何かの病気が発症している可能性も考えられます。

特に頚椎(首の部分)で何らかの異常が起きていることが考えられ、しっかりと自身の症状をチェックしておく必要があります。

そこでここでは肩こりからくる手のしびれの原因や対処法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

肩こりからくる手のしびれの原因

過度な肩こり

背を向ける女の人

基本的にただの肩こりであれば首まわりや肩、背中に疲労感を感じたり、動かしづらくなるだけでしびれが生じることはありません。

 

ただし、過度に筋肉が凝り固まってしまったり、肩甲骨の間にある菱形筋という筋肉に負荷がかかり疲労してしまうことで手のしびれが生じる場合があります。

これは近くに神経が通っており、コリによりその神経を刺激してしまうことでしびれを感じてしまうのです。

 

肩こりによって頭痛も生じてしまう場合はぜひこちらの記事もあわせてご覧ください。

参考:肩こりによる頭痛に効果抜群な3つの解消法!

 

ストレートネック

頚椎(首の骨)は頭の重さからの負担を抑えるために少し曲がっているような状態をとっています。ストレートネックとは頚椎のカーブしている角度が30°以下になってしまうことです。

つまり、頚椎がより真っ直ぐに近い状態になってしまうのです。こうなることで、神経を圧迫して手のしびれが生じたり、肩にも負担がかかり肩こりの原因になってしまうのです。

 

ストレートネックになってしまう主な原因は以下のことがあげられます。

  • 姿勢の悪さ
  • ケガ・衝撃
  • 加齢

 

特に近年はパソコンやスマホなどの使用による姿勢の悪さが最もよくある原因となっています。

姿勢の悪さはストレートネックだけでなく体にさまざまな悪影響をもたらしてしまうので意識的に改善していくよう心がけましょう。

スポンサーリンク

肩こりと手のしびれがあるときに疑うべき病気

頚椎椎間板ヘルニア

まず考えらえる病気が頚椎椎間板ヘルニアという病気です。 頚椎とは首の骨のことでその部分は7つの骨が積み重なるようにしてできています。

それらの骨の間に挟まるようにしてクッションの働きをするのが椎間板です。

この椎間板のおかげで頭の重さを支えられ、骨と骨が直接ぶつかってすり減ってしまうのを防いでくれるのです。

しかし、この椎間板がなんらかの原因で押しつぶされてしまうことがあります。そしてこのような状態を頚椎椎間板ヘルニアというのです。

 

頚椎椎間板ヘルニアになってしまうと、首や肩のあたりにコリを感じたり、手や腕にしびれがするといった症状が表れます。

この症状は左右片側のみに表れる場合もありますし、両側に発症する場合もあります。

 

それでは頚椎椎間板ヘルニアになってしまう原因とはいったいなんなのでしょうか。発症原因は特に特別なことはなく、日常生活の些細なことで起こることが多いのです。

例えば、何かの拍子に急に後ろを振り返ったり、長時間のデスクワークで姿勢が悪い状態が続いたりすることで頚椎(首の部分)に大きな負荷がかかってしまいます。

 

このように普通の日常生活で起こる首の負荷が積み重なって頚椎椎間板ヘルニアが発症してしまいます。

ぜひご自身の生活を振り返って姿勢が悪い状態が続いていないか、自分に合わない枕で寝ていないかなどを振り返ってみてください。

 

1 / 2
サブコンテンツ