口の中が甘いと感じる意外な原因!ストレスや糖尿病などの病気をチェック!

口

何も食べていないのに、口の中が甘く感じる。飲食物を口に入れたときにいつもと違う変な味がする。このような味覚障害のような症状が起きることにはさまざな原因が考えられます。

特に口呼吸や鼻づまりなどで口内が乾燥しているケースが疑われます。

そこでここでは口の中が甘いと感じる原因や病気、対処法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

口の中が甘いと感じる3つの病気

口の中が甘く感じる原因はさまざまですが、ここではその中でも病気などの症状が起因となる原因についてお伝えしていきます。

 

鼻づまり

口から息を吸う

意外かもしれませんが、鼻水がたくさん出ていたり、鼻づまりになっていることが原因で口の中が甘くなっていると感じている可能性が考えられます。

ネット上ではよく「亜鉛不足による味覚障害が原因で口の中が甘いと感じている」といった情報がよくありますが、一過性の症状である場合は亜鉛不足などは原因となりません。

たしかに長期的に亜鉛などのミネラル不足が続けば味覚に影響を与えますが、それよりも匂いの情報が遮断されることによる影響の方が可能性として大いに考えられます。

 

普段、私たちが「味」として認識している情報は舌にある味蕾細胞で味覚として察知するだけでなく、嗅覚の匂いの情報も大きく影響しているのです。

つまり、鼻づまりが起きることにより、嗅覚の情報が遮断されて味が分からなくなり口の中が甘いと感じてしまうのです。

参考:鼻づまりで眠れない夜を過ごすあなたへ。その原因と解消法を徹底解説!

スポンサーリンク

風邪

風邪をひいたときに味がわからなくなったり、ただの水が変な味がしたり、といった経験はないでしょうか。このように風邪が原因となって口の中が甘いと感じることもあります。

そもそも、風邪は急性上気道炎という口・鼻・喉の粘膜での炎症を起こす病気の総称のことです。

このように味を感じとる粘膜で炎症が起きてしまうので、甘く感じたり、苦く感じたりと味覚がおかしくなってしまうことが多いのです。

 

さらに、鼻風邪の場合は鼻づまりも影響してさらに味覚が変になり口内が甘く感じる感覚を助長してしまうのです。

参考:風邪で味覚障害が起こる原因と治し方を知っていますか?

 

糖尿病

病院

持病で糖尿病を持っている方は、この病気が原因となっていることが疑われます。糖尿病には1型糖尿病、2型糖尿病の2種類がありそれぞれ以下のような特徴があります。

  • 1型糖尿病:遺伝的な原因で発症。痩せていても発症することがある。
  • 2型糖尿病:肥満が原因で発症。内臓脂肪の増加により起こる。

 

糖尿病になるとさまざまな症状があらわれます。

  • 口の中が甘く感じる
  • 喉が渇く
  • 体重が現象する
  • 立ちくらみ・めまい
  • 頻尿

 

糖尿病にならないようにするには、日々の食生活に気をつけ、適度な運動を習慣づけることが大切です。

肉類や油物、お菓子を避け、緑黄色野菜などの食物繊維を多く含む食品を積極的に摂取するといいでしょう。また、適度な運動をして脂肪を燃焼することも大切です。

スポンサーリンク

口の中が甘い原因

口呼吸

本来、人間は鼻で呼吸します。しかし、何らかの原因で口呼吸が習慣化してしまうと、口内の粘膜が乾燥してしまうのです。

粘膜が乾燥してしまうと味覚の機能が低下してしまい、口内が甘く感じてしまうことがあるのです。

 

口呼吸は、味覚がおかしくなるだけでなく虫歯や口臭などの原因にもなってしまいます。鼻づまりによってやむおえず口呼吸になっている場合は、まずは鼻づまりを解消していくことが大切です。

また、無意識に口呼吸が習慣化してしまっている場合は、意識的に鼻で呼吸できるように矯正していく必要があります。

 

口呼吸の改善方法についてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。

参考:口呼吸の治し方!超効果的な3つの改善方法とは?

1 / 2
サブコンテンツ