喉が苦しい!喉が詰まった感じがする5つの原因と病気を徹底解説!

空を見上げる女の人

突然、喉が苦しく感じたり、詰まった感じがしたりすることはないでしょうか。

咳払いをしてもなかなか詰まり感が取れないとかなりストレスを感じてしまいますし、何か腫瘍のようなものができているのではないかと不安になってしまいますよね。

そこでここでは喉が詰まった感じがする原因や病気、対処法などについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

喉が詰まった感じがする原因

ヒステリー球(咽喉頭異常感症)

空を見上げる女の人

ヒステリー球とは、何か物理的に喉に詰まっているのではなく精神的要因で喉に違和感がすることです。

喉に腫瘍ができていたり、食べ物が引っかかっていたりするわけでなく、「喉に何かが詰まっている」と強く感じることでさらに喉の詰まり感が強くなってしまうのです。

 

ヒステリー球の原因は精神的なものなので、実際に食べ物が詰まったことがきっかけで心理的にその詰まり感が取れないということがよくあります。

実際は何も詰まっていないのに詰まり感がストレスを強調して症状を悪化させてしまうのです。

 

肩こり・首こり

意外かもしれませんが、 肩や首が凝っていることで喉が詰まったような違和感を引き起こす原因となります。

肩や首にある筋肉は喉の周りにある筋肉とつながっており、この筋肉が緊張することで固くなってしまうのです。

つまり、固くなった筋肉で喉が詰まった感じがするということです。

スポンサーリンク

自律神経障害

自律神経とは、全身の生理作用をつかさどる神経です。自律神経は活動する神経である交感神経と、休息する神経である副交感神経という2種類の神経から成り立っています。

この2種類の神経がうまくバランスを取り合うことで私たちは生命活動を維持することができているのです。

 

しかし、なんらかの原因でこの2種類の神経のバランスが乱れてしまうことがあります。これを自律神経障害や自律神経失調症と呼び、体がだるくなったり、頭痛が起きたりとさまざまな悪影響が体に出てくるのです。

この症状のひとつで交感神経が優位になることで体が緊張状態になり、喉に詰まったような違和感を感じることがあります。

 

このように自律神経が乱れることで喉に違和感がする根本的な原因はストレスを溜め込みすぎているケースが多いです。

ストレスを溜め込まないようにストレス解消、リラックスすることを心がけていくといいですね。

 

更年期障害

帽子を深くかぶった女の人

喉が息苦しくなったり、詰まり感がするのは30〜50代の女性が多いと言われています。更年期障害は女性ホルモンが減少することにより起こります。

ただ、更年期障害が直接的に影響して喉の詰まり感がするケースは少ないです。

更年期障害では頭痛、めまい、多汗などさまざまな症状があらわれます。このような症状でストレスがたまり、先述したヒステリー球のように精神的に喉が苦しく感じてしまうのです。

 

食べ物が喉に詰まっている

実際に食事をしたときに食べ物が喉に詰まっているケースも考えられます。

特に唾液量が少ない方は口の中が乾燥していてうまく食べ物が喉に通らないこともあります。

参考:唾液が少ない原因を徹底解説!ドライマウスで口内がパサパサの方へ!

1 / 2
サブコンテンツ